母の日には毎年必ず贈る物

私は実の母には毎年必ず贈り物をしています。

結婚し義理の母が出来たので、
毎年二人ぶん用意しなければならないですが、
選ぶのはいつも大抵同じものになります。

色違いとか、よく贈ったものです。

そして、物よりも予算を使うのは花です。

花とハンカチとか、
花とコーヒーカップなどです。

予算は子供達にお金がかかって貧乏でしたので、
あまりお金をかける事は出来ません。

1人あたり5千円出せれば良い方です。

決まった物しか送らないので、
母達の反応ももうあまり良くないのですが、
毎年必ず贈り物をする事は大切な事です。

失敗例としては、
買う時にそんなにじっくり見る事がないので、
次の年には去年何を贈ったのか忘れてしまう事です。

花は毎年カーネーションではなく、
あじさいだったり、フリージアだったり、鉢植えだったり、
アレンジメントしたものだったり変えてるつもりなのですが、
去年と全く同じ花を贈ったりしてしまいます。

母は何気なく教えてくれますが、
義理の母にも同じものを贈っているので青くなります。

でも毎年楽しみにしてくれてるので、
これからも毎年感謝を込めて贈ろうと思っています。

自分が欲しいものを贈る

結婚してから母の日に実母と義母の二人にプレゼントを贈るようになりました。

今までいろんなものを贈ってきましたが、
わたしがよくプレゼントするのは、キッチングッズです。

エプロンであったり、かわいいキッチン洗剤やかわいいふきん、
かわいいスポンジなどをフランフランなどで購入します。

だいたい2000円から3000円ぐらいのものを選んでいます。

実母は県外なのでなかなか会って渡すことができず、
郵送や宅配便で送りますが、
義母には実際に会いに行って渡すことが多いです。

いつもわたしたちがお家に訪ねると、
わたしたち夫婦がプレゼントしたエプロンをして、
料理を出してくださいます。

使ってくれてとてもうれしいです。

義母には実際に会って渡せるということから、
カーネーションのフラワーバスケットを自分でアレンジしたものを渡したらとても喜ばれました。

また、遠くに住んでいる母には、
宅配でカーネーションの鉢植えを贈ったら、
とても喜んでもらえました。

母の日のプレゼントは、同じ女性に贈るものなので、
わたしにとって選びやすいです。

わたしもこんなのがほしいな~と思うものを贈るようにしています。

あまり気に入ってもらえなかったプレゼント

母の日のプレゼントに洋服を贈ったことがあります。

しかし、あまり気に入ってもらえませんでした。

そのことをとても覚えていて、
今でもプレゼントに何を贈ろうかと考えるときに思い出します。

母の日にプレゼントするのは、
子供の頃からもう何度となく行ってきていることです。

親しい人へプレゼントされている方ならお分かりになるかと思いますが、
何を贈ればいいのかが分からなくなってくるのです。

何を選んでいいのか分からないまま、
とりあえず店に赴いたときなどは、
これはもう贈った、それも贈ったことがあるとなってきまして、
どうしようかなと思い悩んでしまうのです。

品物はいっぱいありますが、
好きなものや、気に入ってもらうものをと考えますと難しいものですね。

ある年には、洋服を選んで贈ってみました。

洋服が好きですし、
スタイルやカラーの好みも知っていますから、
どれにしようかと選ぶのには悩みましたが、
比較的早めにプレゼントする洋服を決めることができました。

そして母の日に合わせて贈ったのですが、
どうも気に入らない様子です。

母に聞いてみましたら、
少し落ち着きのあるスタイルだったことが気に入らないらしく、
古くさいですとか、おばさんみたいだと言われました。

直接言ってもらうだけいいのかもしれませんし、
それでも使ってくれていたので無駄にはなりませんでしたが、
プレゼントとしては失敗ですよね。

母の好みを知っていても、
難しいと感じたプレゼントになりました。

反省しまして、
翌年からのプレゼントでは好みを確認するようになりました。

義母は足が悪いので、加圧タイツを贈りました。

毎年頭を悩ませる母の日のプレゼント。

実母はお金と決まっているので悩みませんが、
義母用は毎年頭を悩ませます。

何でも喜んでくれる人なのですが、
それがみそで、
何でも喜ぶというのは物に対するこだわりがないので難しいとも言えます。

それに今日びのシニアはお金があるので、
欲しものは我慢せず買いますので、
基本的には何でも持っています。

義母は膝が悪いです。

お年寄りは特に女性はみんなそうみたいで、膝関節症です。

ひざに水がたまり、何度が抜いたりしています。

根治手術もあるようですが、
受ける人はまれのようで、ほとんどは一生付き合っていくようです。

痛いから歩いたりしない、歩かないから太る、
太るとさらに膝が悪くなる、
悪いから歩かない、と悪いスパイラルにはまっていって、
家にとじこもるような生活です。

運動不足や血行不良で脚がむくんでいるので、
加圧タイツを贈りました。

けっこう値段が高いので(3千円程度)自分で買うには手がでないものです。

小学校5年生の時の母の日のプレゼントの思い出

小学5年生の時、母の日の贈り物が思い出に残っています。

親戚が多いので、毎年のお年玉は数万円になっていました。

しかし小さい内は母が全額預かって、
何か欲しいものがあると言うと
そこからお金を出してくれるというやり方でした。

小学校の4年生の正月からお年玉を自分で全額貰えることになりました。

当時はゲームにもあまり興味がなく
お菓子や漫画などに使うぐらいで、
母の日の頃にもお年玉がだいぶ残っていました。

母の日が近づいてくるとテレビでそのことを目にする機会が多くなります。

当時もテレビの特集を見たのだと思いますが、
何かのきっかけで母の日にプレゼントを贈ろうと決心しました。

手元には子供には何でも買えると思えるような大金がありました。

このお金を全部使ってプレゼントを買ったら母はすごく喜んでくれると考え、
母に秘密でプレゼントを用意することにしました。

近所のショッピングセンターの時計屋さんと、
カバン屋さんで時計とバッグを購入しました。

時計屋さんでは3万円ほどの金色に輝く婦人用の時計を、
カバン屋さんでは1万円ほどの上品で大人っぽいバッグを購入したのですが、
お店の人はとても驚いていました。

色々聞かれた時、お年玉の残りで母の日のプレゼントを買いに来たと言うと一応納得したのですが、
まだ何か心配そうにしていた印象が残っています。

特に、時計屋さんは色々気にかけてくれました。

時計のベルトのサイズを合わせないといけないから、
後でお母さんと必ず来てという言葉にうなずき、
購入したプレゼントをしっかりと抱えて帰宅し、
母の日の当日までしまっておきました。

母の日の朝、用意したプレゼントを渡しました。

すごく喜んで貰えると思っていたのですが、何か微妙な表情をしていました。

お年玉でプレゼントを買ったんだよと言っても、
喜ぶどころかむしろ困ったような母の態度に戸惑ったことを覚えています。

怒られこそしませんでしたが、
大きな買い物をするときはちゃんといわないと駄目だよとやんわりと注意され、
結局母からありがとうの言葉はなかったと思います。

このことが心に残り、
長い間母の日にプレゼントをすることはなくなりました。

最近ふとしたきっかけでこの話題になり、
あの母の日のプレゼントのこと覚えてると聞いたところ、
覚えているしすごく嬉しかったとのことでした。

嬉しかったけど、子供にあんなお金の使い方をさせてしまい、
素直に喜べなかったそうです。

それを聞いてなんだか心の底にあったもやが晴れました。

これからは今まで母の日を祝ってこなかった分、
しっかりと祝ってあげようと思いました。

カガミクリスタル江戸切子ペアタンブラー

去年は、母の日にクリスタルガラスのコップをプレゼントしました。

いろいろとネットで探したのですが、
最終的にはヤフーショッピングにしました。

購入したコップは「カガミクリスタル江戸切子ペアタンブラー」

予算は7千円程度で、
コップ2個で5250円の品だったので、
ヤフーポイントが15倍付き、
750ポイント貰えてかなりお得な感じです。

初めにコップを購入しようと思ったのは、
家にあるクリスタルガラスのコップが、
何個か割れてしまい減っていたので、
父と母のおそろいのコップがあればいいなと思ったのがキッカケです。

そして、母の日にプレゼントしたのですが、
母は少し重たいかなと言って、
鉛の量が多いのかなといろいろ言っていましたが、
最後にはありがとうと言ってくれたので良かったです。

失敗したなと思ったのは、やはりコップの重さで、
今度からクリスタルガラスのコップを買う時は、
直にさわって持たないと重さがわからないので、デパートで買おうと思います。

滅多にプレゼントしない私ですが、
これからは母に色々とプレゼントしたいと思っています。

母の日にはおいしいスイーツで楽しく過ごしてほしい

母の日と言えばカーネーションですが、
うちでは遠方に住む義母に素敵なスイーツを贈っています。

遠方の田舎に住んでいるので、
都会のスイーツと言うのが珍しいようで、
毎年ダブらないように贈るといつも喜んでくれます。

結婚して最初の頃は、
日用雑貨なども送ったりしたのですが、
古くからの田舎なので、もうモノはたくさんあり、
持っているモノを贈っても、
物置にしまって使う機会がないからです。

いくら、昔のモノよりも使いやすいだろうと思っても、
やはり使い慣れたものの方が良いようです。

なので、子どもから見て使いやすく良いモノだからと贈るのではなく、
貰う人の立場で喜んでもらえるモノを考えたら、
食べて楽しめるスイーツになりました。

都会には色々なスイーツが売っているので、
贈る側としても毎年違うものを選べる楽しさがあります。

母の日前には、母の日向けの素敵なスイーツがたくさん並ぶので、
大体三千円前後でおいしそうなモノを選びます。

顔を見て渡すわけではないので、
実際気に入ってくれたかどうかは分かりませんが、
また食べたいと言ってくれるので、
出来るだけ好きそうなものを普段の会話から聞き取るように心がけています。

白地に小花を散らした柄の帽子

私は毎年、母の日にプレゼントを贈っています。

予算は五千円前後で、
贈る品物も年によってさまざまです。

これまで、母の好きな和菓子や鉢植えの花、
クリスタル製の置物などをプレゼントしてきました。

特に喜んでもらえたのは、
去年の母の日に贈った帽子です。

母は足腰の機能維持のため、
散歩を日課としています。

私は、散歩の際に帽子があれば便利ではないかと考えました。

少し寒い日には防寒具として活躍しますし、
紫外線が強い時期には日ざしを遮るのに役立ちます。

それにおしゃれアイテムとしても使えますから、
一つでいくつもの役割を果たします。

そこで、私は自宅近くのショッピングモールへ行き、帽子を買い求めました。

色はグレーで、
つばの折り返し部分は白地に小花を散らした柄となっています。

全体的には地味ですが、
折り返し部分がアクセントになっていて、良いデザインでした。

その帽子を母の日に贈ったところ、
母はとても喜んでくれました。

いつでも使えて実用的なところが、
気に入ってもらえたようです。

これからも母の好みはもちろん、
日常的に役立つかどうかも考慮してプレゼントを贈るつもりです。

フェンディのショルダーバッグをプレゼント

私は以前母の日のプレゼントに、
フェンディのショルダーバッグをプレゼントしました。

それは私がフェンディのバッグを提げていたのを、
母が自分も同じ物が欲しいと言ったので、
同じようなデザインの物を探して母の日にプレゼントしてあげたのです。

値段も8万円ぐらいしたので、
私的にはとても奮発したのですが、
それでも母が心から欲しいと願った物だし、
大変気に入ってくれたのでとてもよかったと思っています。

毎年そんな高価な物ばかりを贈っているわけではないのですが、
本人が自分から何か欲しいとか言う事が今まであまりなかったので、
ちょうどいいタイミングだったと思っています。

やはり私が贈ったフェンディのバッグを母が提げていたら、
周りの方にうらやましがられるそうなのです。

デザインもフェンディの定番のFのロゴが生地にいっぱいにプリントされたデザインなので、
ぱっと見てフェンディのバッグとわかるところもいいみたいです。

フェンディのバッグは軽くて丈夫でカッコイイので、
年齢を問わず誰にでも人気が高いみたいです。

母と一緒におでかけの時は、
私もフェンディのショルダーバッグを提げて、
お揃いスタイルを楽しんでいます。

長く使える物を贈って、
本当によかったと思っています。

花とネックレスをプレゼントしました

私は毎年母の日にプレゼントを贈っています。

今は実家を離れて一人暮らしをしているので、
なかなか実家に帰ることが出来ず母と会う機会も減りました。

しかし、今まで育ててくれた感謝の気持ちは忘れません。

その感謝の気持ちを込めて、
毎年母の日にプレゼントを贈るのですが
昨年は花とネックレスを贈りました。

花は毎年贈っているのですが、
花だけでは寂しい気がしたのでネックレスもプレゼントしたのです。

アクセサリーを母にプレゼントしたのは初めてだったので、
どんな反応をするかわかりませんでした。

デザインは花をモチーフにしたシンプルなもので、
小さなダイヤが入ったものを選びました。

母に渡したところ、
思っていた以上に喜んでくれたのでとても嬉しかったです。

特にネックレスを気に入ってくれて、
その日から毎日身に着けているそうです。

これからも元気で笑顔が素敵な母でいてほしいので、
今後も感謝の気持ちを込めて母の日にプレゼントを贈っていきたいと思います。